葛の花イソフラボンスリム

葛の花イソフラボンスリム

葛の花イソフラボンスリムは今、おなかの脂肪の断面積が20cmも、たった三か月で減るということで話題になっている機能性表示食品です。

 

 

そもそも葛の花とは?

葛というと皆さんが思い浮かぶのは「葛湯」ではないでしょうか?そのほかには秋の七草として葛(クズ)が印象深いでしょうか?ただ、秋の七草は春の七草とは違いおかゆなどにして口にするというわけでもないので、秋の七草を知らないという方は多いかもしれません。

 

そんな葛ですが、マメ科のクズ属で、学名はPueraria lobataと言い、マクズやクズバインといった呼び方もあります。葛の花の開花時期は8月から9月と真夏に赤紫色の花を咲かせます。

 

この葛の花自体は古来より二日酔いのお薬として使われていました。しかし、近年この葛の花にはイソフラボンが含まれており、その葛の花由来のイソフラボンがおなかの脂肪減少に効果があるとして、注目が集まっています。

 

葛の花イソフラボンスリムの効果は?

葛の花イソフラボンスリムには葛の花由来のイソフラボンが配合されています。このイソフラボンは脂肪の分解、燃焼をサポートするといった働きがあります。また、脂肪ができる過程を抑制するといった働きがありますのでいわゆる「太りやすく痩せにくい」体質の改善が期待できます。

 

私たち人間がなかなか痩せられない理由の一つに、脂肪は溜まりやすいようにできているということがあります。私たちのおじいさんの代だと戦争経験者という方も少なくないかと思います。そんな時代に今ほど豊富な栄養をとるすべはありませんでした。ですので取れるときに取った栄養を脂肪として蓄えておくのはそこまで不思議な事ではなかったのです。しかし、食べても食べても太らないという人もいるのはなぜかといわれれば、この脂肪になるのを抑制し、分解する力が優れていることも理由の一つなのです。

 

葛の花イソフラボンだけじゃない

葛の花イソフラボンスリムは他にも黄金生姜と食事で補いにくい5種類のビタミンを配合しています。この二つの栄養素は葛の花イソフラボンの力をさらに向上させることが可能になります。そのデータについては公式ページに記載されていますので、確認してみてはいかがでしょうか?

 

関連ページ

シボヘール
シボヘールについてです。
葛の花減脂粒
葛の花減脂粒についてです。
スリムフォー
スリムフォーについてです。